施工例

弊社が工事させていただいた案件から、わかりやすい案件をピックアップし、施工例として紹介させていただきます。
雨もりの解決方法はいろいろありますが、弊社ではお客様の意向にそった修理を行っていきます。

お社銅板葺き替え 【2022年7月 かつらぎ町 T邸】

お社の銅板葺き替え工事をさせて頂きました。

既存のお社と同じような感じで再現して欲しいと聞いていましたので、できるだけ同じような感じで仕上げるようにしました。

釘の部分には釘隠しの意味もある鋲を付けて格好よく納めました。

BEFORE
AFTER

屋根、樋、外壁 フルリフォーム 【2022年6月 紀の川市 A邸】

貴志川町のお客様から瓦屋根の雨漏り修理のご依頼を頂きご相談の上屋根、樋、外壁のリフォーム工事をさせて頂きました。

屋根の方は、和風のセメント瓦から平板のドリーム30に葺き替えました。

樋の方も瓦にマッチするように、半丸の樋から角型のパナソニックPC50に交換しました。

外壁の塗装は当初予定ではなかったのですが、足場も設置するということで塗り替えさせていただく事になりました。

BEFORE
AFTER

高所作業車を使用したカラーベスト棟補修 【2022年6月 海南市 N邸】

カラーベストの棟が、飛んでしまったので修理して欲しいとの依頼を頂きました。

勾配が緩い屋根は、はしごを使って屋根の上に登れるのですが、こちらのお宅は勾配がきついので登っていきませんでした。

このような場合の修理は、足場を組むか高所作業車を使った修理になります。

足場を組む場合は、屋根足場も必要で高額になってきます。

今回の場合は、たまたま下に駐車スペースが確保できたので、17mまで対応できる高所作業車を使って修理させていただきました。

BEFORE
AFTER

カラーベストカバールーフ(レジェルーフ) 【2021年12月 和歌山市鳴神 自社物件】

弊社自社物件の大屋根が、カラーベストで施工されており、まだ雨漏りはしていなかったのですが、

施工から30年以上経ち棟板金も錆びてきているので、レジェルーフを施工することにしました。

レジェルーフの利点は、軽くて断熱も入っているので、カラーベストの上に施工するのに適しています。

見た目もカバーしたように見えないのが良いところです。

 

BEFORE
AFTER

ベランダ防水工事 【2021年12月 大阪府岬町 Y邸】

台所の天井から雨漏りするので、調査・見積もりの上修理して欲しいとの依頼を頂きました。

2階の屋根が原因かも?と施主様がおっしゃっていましたが、台所の真上がベランダで、台所の天井をめくった所、

間違いなくベランダ中央部から雨漏りしていましたので、ベランダの防水工事を通気緩衝工法で、させていただきました。

 

BEFORE
AFTER

谷樋交換 スレート&瓦 【2021年11月 岬町 T邸】

今回も雨漏り修理の依頼を頂きました。

板金の谷樋が、経年劣化により錆びてきて雨漏りしていましたので、そちらの交換をさせていただきました。

谷樋を交換する場合、取り合いの瓦やスレート、板金を外す必要があります。

今回は、片方が瓦、もう片方が小波スレートになっていました。

瓦の方は、めくって復旧、スレートの方は釘打ちなので外す時にひび割れなどのダメージがあるので、

復旧した上にスレート用の板金波板を付けさせていただきました。

 

BEFORE
AFTER

下り棟 漆喰補修 【2021年7月 紀の川市 T邸】

リピーターのお客様から、下り棟の漆喰が外れてきたので補修して欲しいとの依頼を頂きました。
1階部分の下り棟、約1800㎜の漆喰工事をさせていただきました。

BEFORE
AFTER

カラーベストカバー工法 板金たて平333葺き 【2021年5月 和歌山市木ノ本 N様賃貸物件】

賃貸物件を所有されているお客様から、屋根と雨樋の修理をして欲しいとの依頼を頂きました。

現状では、雨漏りはしていなくて棟の一部が飛ばされている状況でした。

棟の飛散部分だけの修理、塗装によるリフォーム、板金カバー工法の3種類を提案させていただき、

それぞれの耐用年数、予算などをご相談の上カバー工法でさせていただくことになりました。

樋の交換工事の方も同時にさせていただきました。

BEFORE
AFTER

瓦屋根 各部補修 【2021年4月 岩出市曽屋 T邸】

台風被害により、瓦が飛散したり割れたりしている屋根の補修をさせていただきました。

漆喰の補修、下り棟の補修、地瓦、袖瓦の割れ交換、のし瓦の交換など10ヶ所程度の補修をさせていただきました。

 

BEFORE
AFTER

セメント瓦補修 【2021年4月 和歌山市西ノ庄 N様賃貸物件】

棟部分のセメント瓦が割れているので、修理して欲しいとの依頼を頂きました。

同じ形状のセメント瓦は、入手困難なので、ガルバリウム鋼板を瓦の棟形状に加工し、取付けました。

2枚目だと見た目があまり良くないので、壁際の瓦と2枚目の瓦を交換して壁際の瓦を加工してきたガルバリウム鋼板でカバーしました。

 

BEFORE
AFTER